収益物件はどんな時代にも強い資産運用方法である

模型

利点と違いを理解しよう

スーツのメンズ

中古ワンルームマンション等の収益物件を保有するメリットはいくつもあります。収益物件での不動産投資と似た投資商品として上場不動産投資信託がありますが、上場不動産投資信託と明らかに異なる点もいくつかあります。

詳細

収益を生み出す物件とは

お札

収益物件は安定して高い利回りの家賃を得られる物件のことです。近年の地価上昇により、物件価格も高まることで利回りは低下することが予測されます。そこでいかに効率良く収益性の高い物件を探すことができるかがポイントとなります。

詳細

ミドルリターンを狙おう

外観

不動産投資として、中古ワンルームマンション等の収益物件を保有すれば、毎月、家賃が発生し安定した収入が確保できます。もっとリスクを抑えて不動産投資をしたいと考えているのであれば、上場不動産投資信託を保有することを検討すると良いです。

詳細

資産運用の方針を考えよう

マンション

インフレに転換します

これからは中古ワンルームマンションや1棟アパート等の収益物件を保有して資産運用をしていく必要があります。理由は2つあります。1つはインフレーションがやってくるからです。デフレーションの終わりは定期預金や国債などの元本保証型金融商品での資産運用の終わりも告げています。なぜならば、インフレーションが起きている中では、元本保証型金融商品は目減りする可能性があるからです。物価の上昇と共に元本自体が増えていく資産を持っておく必要があります。これに適した資産が収益物件なのです。純金もインフレーションには強い資産ですが、利息が付きません。しかし、収益物件を保有していれば、毎月の家賃収入を確保することができます。

金融緩和策に注目です

2つ目の理由が、数年前から金融緩和策が積極的に行われているということです。金融緩和策が続き、市場にはお金が溢れています。しかしながら、なかなかお金が投資に回らず、ついにはマイナス金利を導入するまでになりました。銀行に積極的に融資をさせて、お金を市場に押し出そうとしています。そのお金の一部が不動産へ向かうことも想定されています。そうなれば、不動産の価格は上昇し、この上昇を確認した投資家達が積極的に収益物件を買うようになります。この前提に立てば、早いうちに収益物件を持っていれば、大きな恩恵を受けられるということです。まずは、中古ワンルームマンションのような価格が手頃な収益物件から手掛けるとよいです。