収益物件はどんな時代にも強い資産運用方法である

一軒家

ミドルリターンを狙おう

外観

家賃収入を手に入れよう

安定収入を確保する方法はいくつかあります。その代表的な方法が中古ワンルームマンション等の収益物件を買うというものです。収益物件としては中古ワンルームマンションの他に1棟アパートやオフィスビル等も考えられますが、1棟アパートやオフィスビル等は高額になり、なかなか手を出せる価格ではありません。一方で中古ワンルームマンションであれば、都市部の物件でも1000万円から2000万円程度で購入することができます。1戸の中古ワンルームマンションを保有すれば、5万円から7万円程度の家賃収入が期待できるため、サラリーマンをはじめ、多くの人に人気の投資手段となっています。しかし、空室リスクには気を付ける必要があります。

リスクを抑えた投資です

もしも、空室リスクをもっと抑えたいと考えているのであれば、上場不動産投資信託がお勧めです。上場不動産投資信託も収益物件を保有して運用しているという点では、個人の不動産投資と変わらないです。しかし、上場不動産投資信託を運営しているのは不動産投資のプロが揃っている運用会社です。保有する収益物件の収益力の強化、保有物件の入れ替え、資金調達コストの圧縮、建物管理費用などの経費削減、等を常に考えています。株式市場で購入もしくは売却することができるため、売買に手間もかかりません。さらに、証券化されて小口投資が可能となっています。お試し程度に不動産投資に携わりたいと考えているのであれば上場不動産投資信託を買うと良いです。